• インテリア
  • 家電
  • アウトドア
  • ガーデン
  • 生活雑貨
  • キッズ・ベビー用品
  • フィットネス・トレーニング

タープおすすめ12選!ファミリーキャンプに人気の種類や選び方も紹介します

アウトドア

日差しや雨から家族を守ってくれるタープは、ファミリーキャンプをする際におすすめのアイテムです。タープがあれば自然の中にくつろぎの空間を生み出せるので、天候に左右されず快適に過ごせます。

今回は、ファミリーキャンプに人気のタープの種類や選び方をご紹介します。おすすめの商品も厳選しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

タープの特徴と魅力

タープとは、アウトドアにおける日差しや雨を防ぐ役割を担うアイテムです。テントを寝室とするならば、タープは自然の中のリビングと表現できます。
まずは、ファミリーキャンプに人気のタープの特徴と魅力を見ていきましょう。

日差しや雨を防げる

日差しや雨を防げる

キャンプで活躍するタープの主な役割は、日差しや雨を防ぐことです。キャンプをする際にタープがなければ、強い日差しや突然の雨に見舞われ、やむなくキャンプを中止せざるを得なくなることもあるでしょう。その点、タープがあれば日差しや雨などの天候に左右されず、自然の中で快適に過ごすことが可能になります。

そんなタープには複数の種類があり、使用されている素材もさまざまです。中には日陰エリアを拡張するためのサイドシートが付いたものや、紫外線をブロックできるUVカット生地を使用したもの、雨漏りを防ぐシーム加工を施したものもあります。

アレンジが自由自在

タープの大きな魅力は、自由自在にアレンジできること。タープはポールとロープで1枚の布を立ち上げるのが一般的ですが、商品によって布の形やセットになっている拡張アイテムはさまざまです。

例えば、ロータイプからハイタイプまで高さを調節できるタープもあれば、着替えに便利なサイドテント付きのタープもあり、天候や気分に合わせて自由にカスタマイズできます。また、サイドシートの張り方を変えるだけでも全く違う雰囲気を楽しめるので、キャンプのたびに違う使い方ができるのが嬉しいポイントです。

解放的なリビング空間を作れる

タープがあれば自然の中に解放的なくつろぎの空間を生み出せるので、キャンプを最大限楽しむことができます。もちろんタープを使わずにキャンプもすることもできますが、日差しや他人の視線が気になって長時間滞在するのは難しいと感じられるでしょう。

その点、タープがあれば自然を身近に感じながらも自宅のリビングのように快適に過ごせるので、お子様やペットにも喜んでもらえることは間違いありません。

日差しや他人の視線が気がかりでファミリーキャンプに尻込みしている方は、タープを活用してお子様やペットと一緒にキャンプを楽しんでください。

タープの種類

タープにはさまざまな種類があり、それぞれ特徴や魅力が異なります。そこで、ここではファミリーキャンプでとくに人気の3種類のタープについてご紹介します。人気のタープの特徴を知り、ご家族にぴったりのタープを見つけてください。

レクタタープテント

レクタタープとは、メインポール2本とサブポール4本で支える長方形のタープのことです。シンプルな形状ではありますが、ポールの抜き差しを行うことで自由なアレンジが可能。例えば、片側のポールを2本外せば風対策ができるほか、テントを連結させる小川張りも楽しめます。

レクタタープは設営に手間がかかるものの、屋根の高さやカバーできる面積の広さからファミリーキャンプにおすすめのタープとして人気を集めています。

ヘキサタープテント

ヘキサタープとは、2本のポールとロープで支える六角形のタープのことです。慣れれば一人でも簡単に設営できるので、キャンプ初心者や手軽さを重視する方におすすめです。

ヘキサタープの特徴は、他のタープより開放感があることとコンパクトに収納できることです。ただし、開放感がある一方で風や雨が吹き込みやすいというデメリットもあるので、寒い冬の時期や雨天の使用はおすすめできません。

自立式タープテント

自立式タープは別名ワンタッチタープとも呼ばれ、その名の通りワンタッチで簡単に設営できるタープのことです。手軽さが魅力の自立式タープは、ファミリーキャンプはもちろん屋外イベントやBBQなど、さまざまなアウトドアシーンで大活躍します。

ただし、自立式タープはポールとフレームが一体になっているので、他のタープに比べると重量があります。そのため車を横付けできない場所に持ち運んだり、長時間持ち歩いたりすることを想定すると不便です。

タープの選び方

タープはデザインや好みのスタイルで選んでもよいですが、使い勝手のよいタープを求めている方は目的・素材・サイズに重きを置くのがおすすめです。
ここからは、タープを選ぶ際に重視したいポイントを3つご紹介します。

目的ごとに選ぶ

前述の通り、タープにはレクタタープ・ヘキサタープ・自立式タープをはじめとするさまざまな種類があります。種類によって特徴やメリット・デメリットが異なるので、目的に合ったタープを選ぶことが大切です。

例えば、圧迫感の少ない広々とした空間を作りたい場合はレクタタープ、何よりも開放感を重視する場合はヘキサタープ、設営の手軽さを追求する場合は自立式タープといった選び方を覚えておくだけで、ファミリーキャンプを最大限楽しめるようになります。

どのようなタープを選ぶべきか悩んでいる方は、目的や譲れないポイントを明確にしてからタープ選びを始めましょう。

素材で選ぶ

素材で選ぶ

タープの素材は商品によって異なり、ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできたものもあれば、コットン(綿)でできたものもあります。以下に素材別の特徴やメリット・デメリットをまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

合成繊維(ポリエステルやナイロンなど)

ポリエステルやナイロンなどの合成繊維でできたタープは、価格の安さが魅力です。また合成繊維は山岳用タープにも利用されていることから分かるように、タープの素材の中では最も軽量です。

メリットデメリット
・価格が安い・耐久性に欠ける
・軽量で持ち運びしやすい ・焚火の火の粉で穴があきやすい
・耐水性および速乾性に優れている

コットン(綿)

コットン(綿)素材のタープの特長は、ナチュラルな色合いと焚火の火の粉に強いことです。ただし、タープの素材の中では最も重さがあるので長距離の持ち歩きには不便でしょう。

メリットデメリット
・吸湿性に優れている・価格が高い
・通気性が高い・重量がある
・焚火の火の粉に強い・耐水性が低く、カビが生えやすい

テクニカルコットン

テクニカルコットンとは、ポリエステルとコットンの混紡素材を指します。テクニカルコットンはTCやT/Cと表現されることもあり、合成繊維とコットンの利点を兼ね備えた素材です。

メリットデメリット
・耐久性がある・合成繊維に比べると重い
・シワになりにくい・合成繊維に比べると乾燥しにくい
・焚火の火の粉に強い

サイズで選ぶ

ご家族の人数や求める空間の広さを考慮して、適切なサイズを選ぶことも大切です。サイズの目安は、3~4人家族の場合は2.5m以上、5~7人家族の場合は3m以上あれば快適に過ごせるでしょう。

ただし、サイズが大きくなると設営に手間がかかるだけでなく、風の影響を受けやすくなるので注意が必要です。また重量や収納サイズも大きくなるので、ファミリーキャンプで使用する場合は5m以内のタープが無難でしょう。

ファミリーキャンプにおすすめのタープ12選

ここまで、タープの特徴や選び方のポイントを見てきました。ここからは実際にファミリーキャンプにおすすめのタープを12商品ご紹介していきます。

3~4人利用におすすめ

3~4人家族で使う場合は、2.5m程度の大きさのタープがおすすめです。キャンプで使用するなら、UVカット機能や突然の雨にも対応できる耐水性などを持ったものを選ぶと良いでしょう。

サイドシート2枚付きタープテント 2.5m【商品番号:hktp01-25】

サイドシート2枚付きタープテント 2.5m【hktp01-25】

こちらは、UVカットや耐水性に優れたサイドシートが2枚付いたタープテントです。サイドシートで日差しをカットできるので、紫外線が気になる方や広々とした空間でくつろぎたいご家族におすすめです。サイドシートは、使わない時はテントの側面に収納しておけるので邪魔になりません。高さを変えることで、時間によって変わっていく日陰にも対応できます。

カスタムタープテント 2.5m【商品番号:sj-01-25】

カスタムタープテント 2.5m【sj-01-25】

こちらのカスタムタープテントは、モノ&ファッション雑誌「Begin」に掲載された人気アイテムです。サイドシートやサイドテントなど豊富な拡張アイテムがセットされており、自分好みのサイトコーデを楽しめます。

他を圧倒する機能性を実現したカスタムタープテントは、多彩なカスタマイズを楽しみたい方や、着替えに便利な居室スペースを確保したい方におすすめです。

オーニングタープテント 2.5m【商品番号:sj225】

オーニングタープテント 2.5m【sj225】

この商品は、気軽に使える点が特徴的なオーニングタープテントです。天候や場所に合わせて高さやシェードの角度が調整でき、幅広い使い方ができます。上部の覆いはしっかり作られていますが、空気を循環させるベンチレーションがついているので中の空気がこもらず快適に過ごすことができます。突風による転倒のリスクも少なく安心ですよ。

アルミタープテント 2.5m【商品番号:sj325】

アルミタープテント 2.5m【sj325】

このタープテントは軽さと高耐久を兼ね備えたアルミでフレームが作られており、女性でも持ち運びやすくなっています。アルミは錆びにも強いため、海辺や川の近くでのバーベキューなどにもおすすめです。耐久性が高く作られている商品ではありますが、さらに補強フレームを加えることで、より長く使い続けられる商品になります。

ワンタッチタープテント 2.5m【商品番号:cht01-25】

ワンタッチタープテント 2.5m【cht01-25】

こちらのタープテントは、ワンタッチならではのスピーディーさが強みの商品です。広げたフレームにシートを被せ、高さを調節するだけで設営できるため、ファミリーキャンプが初めての家族にもおすすめしたいタープになっています。最高水準のUVカット生地を使用しており、耐水性も確保されているため、機能面でも満足できるタープです。

180cmポール付 レクタタープテント 2.8×2.8m【商品番号:sztp1-180】

180cmポール付 レクタタープテント 2.8×2.8m【sztp1-180】

こちらのアイテムは、幅広いシーンに対応できるレクタタープテントです。テントと連結したり、プライベートな空間を広めに確保したりと、用途に合わせて様々な張り方に変えることができます。最大95%を超えるUVカット率があり、昼間はもちろん、ランタンなどを吊るせるループフックが付いているため夜間にも使いやすいアイテムです。

大人数利用におすすめ

大人数で余裕を持って利用するには、やはり大きなタープが必要です。ここでは広さと利便性のバランスが取れた商品をご紹介していきます。

カスタムタープテント 3m【商品番号:sj-01-30】

カスタムタープテント 3m【sj-01-30】

こちらのカスタムタープテントは、先ほどご紹介したタープテントの3mタイプです。カスタマイズの自由度や機能性はそのままに、より広々とした空間を実現しました。そのため4人以上の大人数でも快適にお過ごしいただけます。

大人数向けの大型マルチタープではありますが、収納時は車に積んでも邪魔にならないほどコンパクトになるので、持ち運びやすい大きなタープを探している方におすすめです。

オーニングタープテント 3m【商品番号:sj230】

オーニングタープテント 3m【sj230】

このオーニングタープテントは、快適さと開放感を両立させたアイテムになっています。オーニングは角度を調節できますので、木の枝や傾いてきた日差しにも対応できます。

また、90度に折りたたむことで、目隠しとしても使えるようになります。シートの裏面にはシルバーコーティングが施されており、熱や光、紫外線をしっかりカットしてくれますよ。

アルミタープテント 3m【商品番号:sj330】

アルミタープテント 3m【sj330】

こちらのタープテントは、楽天市場のデイリーランキングで第1位を獲得したこともある人気商品です。フライシートには破れや裂けに強いポリエステルが使われているため、木々の多い場所などでも安心して使えます。

屋根のアルミフレームにも補強リブが入っており、耐久性は抜群だと言えるでしょう。専用の収納用キャリーバッグが付いていて持ち運びも楽々です。

ワンタッチタープテント 3m【商品番号:cht01-30】

ワンタッチタープテント 3m【cht01-30】

ワンタッチならではの手軽に設営ができる点と、広々と使えるメリットを兼ね備えたタープテントです。フレームの固定や高さの調整も簡単で、きちんと設置できなかったことによる事故のリスクを減らしてくれます。シートにUVカット生地が使われているのはもちろん、防水加工も施されており、隙間から雨が入ってくるといったトラブルも防げます。

280cmポール付 ヘキサタープテント 4.3m【商品番号:sztp3-280】

280cmポール付 ヘキサタープテント 4.3m【sztp3-280】

こちらのポール付きヘキサタープテントは、雑誌「Begin」の公式YouTubeチャンネルで紹介された話題のアイテムです。日陰づくりや雨除けとして活躍するヘキサタープは、ロープやポールを調節するだけで自在なアレンジを楽しめるのが特徴です。

大人6人がくつろげるビッグサイズなので、家族や友人みんなでキャンプを楽しみたい方におすすめしたいタープです。

280cmポール付 レクタタープテント 4.3×5m【商品番号:sztp2-280】

280cmポール付 レクタタープテント 4.3×5m【sztp2-280】

こちらのレクタタープテントは大人数でも余裕を持って使えるアイテムです。テントを固定するためのペグは長めで丈夫なものが付属しており、大型のテントではありますが初心者でも扱いやすくなっています。ポールは軽量でコンパクトなアルミ製で作られており、専用のバッグも付いているため、持ち運びの面でも快適になっています。

まとめ

タープは楽しくファミリーキャンプをするのに欠かせないアイテムだと言っても過言ではありません。そして、使いやすいタープを選ぶためにはタープの種類や素材について知る必要があります。

家族でキャンプをするご予定がある方は、ぜひこの記事を参考にして、ぴったりのタープを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました