• インテリア
  • 家電
  • アウトドア
  • ガーデン
  • 生活雑貨
  • キッズ・ベビー用品
  • フィットネス・トレーニング

サーキュレーターで冷房効果アップ!使い方・置き場所・風向きを徹底解説

サーキュレーターで冷房効果アップ!使い方・置き場所・風向きを徹底解説 暮らしの知識

気温が高く、冷房が効きにくい時に活躍するのがサーキュレーターです。部屋が広ければ広いほど、冷房だけで部屋を涼しくするのは難しくなってきます。しかし、サーキュレーターなら冷たい風を循環させて効率よくお部屋全体を冷やすことができます。

今回は、サーキュレーターをより効率的に活用するための使い方や置き場所、風向きなどをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

サーキュレーターの基礎知識

そもそもサーキュレーターとはどのような家電なのでしょう。いざ正確に説明するとなると自信のない方も居るのではないでしょうか。

ここでは、サーキュレーターの定義や扇風機との違いを解説します。

サーキュレーターとは

サーキュレーターとは、複数の羽根を回転させて風を送り出すことができる家電です。空気を循環させることを目的としているため、風量が強いのが特徴です。製品によって性能は多少異なりますが、衣類乾燥モードが搭載されているものや、扇風機としても活用できるものなどもあります。

左右の首振りはもちろん、上下の首振りにも対応している商品も多く、部屋の空気を効率よく循環させることが可能です。換気や冷暖房の効率を上げるために活用するとよいでしょう。

サーキュレーターと扇風機の違い

サーキュレーターと扇風機の違い

結論から言うと、サーキュレーターは直線的に強い風を送るのに対し、扇風機は広範囲に風を送るという違いがあります。

サーキュレーターは日本語に訳すと「循環装置」です。名前の通り、空気を循環させるための家電なので、床に近い空気を天井に送り出せるように強力な風を起こせるようになっています。

一方、扇風機は人に風を当てて涼むための家電なので、人が心地よいと感じる風を送ることが可能です。つまり、サーキュレーターと扇風機は目的が異なり、そのために起こす風の量や質が違うということになります。

サーキュレーターと冷房を併用するメリット

サーキュレーターと冷房を併用するメリット

夏場の暑い部屋を効率よく涼しくするためには、サーキュレーターと冷房を併用するのが好ましいとされています。しかし、ただサーキュレーターを使うのでは意味がありません。重要なのはサーキュレーターの置き方です。

適切な場所にサーキュレーターを配置できれば、冷房の冷気を部屋全体に届けることができます。これにより、冷房の風量を強くしたり、設定温度を過剰に下げたりする必要がなくなります。電気の使用量を最小限に留め、節電・節約することが可能です。

冷房の設定温度を1℃下げるだけでも電気代は高くなってしまうため、サーキュレーターを活用して冷房をフル稼働させないようにご注意ください。

サーキュレーターと冷房を併用する時の注意点

サーキュレーターと冷房を併用する時の注意点

サーキュレーターと冷房を併用すると、効率的に部屋の温度を保つことが可能です。しかし、適切な使い方をしないと効果が感じられなかったり、サーキュレーターを使用する前より電気代が上がってしまったりする可能性があるため、注意が必要です。

ポイントはサーキュレーターの置き場所と風向きにあります。この2つに気を付けるだけでサーキュレーターの特性を最大限に活かし、効果的に空気を循環させることが可能です。

また、正しいサーキュレーターの置き場所や風向きは、用途によって違います。空気を循環させたい、洗濯物を早く乾かしたいなどの目的に応じて、その都度サーキュレーターの配置や向きを変えてください。

冷房効果を上げるサーキュレーターの使い方

先ほどご説明した通り、サーキュレーターを活用することで冷房の効果をより高めることができます。ここでは具体的にどう置けば良いのかを解説していきます。

部屋の冷気を循環させたい時

冷房から出てくる冷たい風は、部屋の下の方に流れる性質を持っています。お部屋全体を冷やしたいなら、下に溜まった冷気をサーキュレーターで上方向に循環させましょう。

サーキュレーターの位置はエアコンの風の通り道にしてください。エアコンを背にして配置すれば、サーキュレーターが冷気を羽根で送り出し、部屋全体に循環させてくれます。

それでも効果が感じられない時は、エアコンの対角線上にサーキュレーターを配置してみてください。この時、サーキュレーターの向きはエアコンの吹き出し口にします。そうすることで、エアコンからの冷気を部屋中に拡散できるでしょう。

2部屋で冷気を循環させたい時

エアコンの対応畳数より広い空間は室温を保つのが難しい傾向にあります。2つの部屋を同時に涼しくしたい場合は、冷気の通り道にサーキュレーターを配置してみてください。この際、エアコンがない部屋に送風されるようサーキュレーターの向きを調節するのがポイントです。

エアコンの直線上に2部屋続きになっているなら、エアコンに背を向けるようサーキュレーターを置くだけで冷気をしっかり運んでくれます。また、部屋が直線上に無かったり、間に廊下を挟んでいたりする場合は、冷気の通り道かつ部屋と部屋の中間あたりにサーキュレーターを置くようにしましょう。

ロフトに冷気を送りたい時

ロフトに冷気を送りたい時

温かい空気は上に溜まる性質があるため、夏場のロフトは非常に暑くなります。しかも、エアコンからの冷気は下に溜まってしまい、ロフトまで涼しい風が届きません。

そこで活躍するのがサーキュレーターです。エアコンを背にしてサーキュレーターを置き、ロフトに向けて送風してください。サーキュレーターによって運ばれた冷気は、壁や天井を伝ってロフトに届きます。

それでも効果が感じられない場合は、エアコンの冷気が通る位置にサーキュレーターを1台置き、さらにロフトにもう1台置くという2台使いがおすすめです。

室内を換気したい時

室内を換気したい時

換気をする際、10分前後窓を開けておく方法を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、部屋の広さや家具の配置によっては、換気が十分にできていない可能性があります。もっと効率よく換気したいなら、窓を開けた状態でサーキュレーターをベランダや窓際に向けて送風し、室内の空気を外に逃がしましょう。

サーキュレーターを置く場所は部屋の隅や窓から最も遠い壁際がベストです。これにより、自然の風によって外からの空気が入り、サーキュレーターの風によって部屋の空気が外に出るという空気の流れを作ることができます。

また、窓に背を向けるようサーキュレーターを配置し、外からの空気を部屋に一気に流すという方法もあるので試してみてください。

衣類を乾燥したい時

洗濯物を部屋干しすると、外干しに比べると生乾き臭が発生しやすくなります。乾くまでに時間がかかったことで雑菌が増えてしまうのが原因の1つです。

生乾き臭を防ぐためにも、部屋干しの時はサーキュレーターを洗濯物に向けて送風してください。そうすることで、通常よりも短時間で洗濯物が乾き、臭いも発生しにくくなります。たくさんの洗濯物を干すときは首振り機能を使用した方が効率よく乾かせますし、部屋の空気も循環されて一石二鳥です。

また、厚手の服やタオルを重点的に乾かしたいときは、洗濯物の下にサーキュレーターを置き、上向きに送風すること効果が期待できるでしょう。

冷房との併用におすすめのサーキュレーター8選

ここからは、冷房と併用するのに使いやすいサーキュレーターを8商品ご紹介していきます。機能性やデザインなど、それぞれ異なった長所を持っており、どれもおすすめの商品です。

スタンドサーキュレーター【商品番号:lc03】

スタンドサーキュレーター【lc03】

スタンド型のシンプルなサーキュレーターです。最大風量にすれば1分に11㎥の風を送ることができ、小型ながらお部屋の空気をしっかりを循環させてくれます。

操作性は非常にシンプルで、背面のダイヤルを回すだけで使えます。角度は4段階で調節可能ですので、換気や部屋干しといった用途に合わせて使い分けることができます。

360°首振り コードレスサーキュレーター【商品番号:yy05】

360°首振り コードレスサーキュレーター【yy05】

360度の首振り機能で、空間全体に風を送れるサーキュレーターです。充電することでコードレスでの運転ができますので、洗面所やリビングの真ん中といったコードを繋ぎにくいところでも使用できます。

バッテリーにはリチウム電池が使われており、フル充電なら最長で42時間稼働できます。リズム風やおやすみモードなどの機能も搭載されています。

360°首振り DCサーキュレーター【商品番号:uf-dc181afr】

360°首振り DCサーキュレーター【uf-dc181afr】

スタイリッシュなデザインが特徴的なサーキュレーターで、こちらも360度の首振り機能が搭載されています。8段階の風量調節が可能で、その時に合わせてちょうどよい強さに設定することができます。

風量やモード切り替え用のボタンはデジタルパネルで表示されており、直感的に操作できます。このパネルは消灯できますので、睡眠の妨げになりません。

2WAYマルチサーキュレーター【商品番号:hj001】

2WAYマルチサーキュレーター【hj001】

扇風機とサーキュレーターのどちらとしても使える便利なアイテムです。最大の特徴は、羽根を反時計回りに回転させることで背面に送風する機能が付いていることで、3分ごとに羽根の回転方向を変える循環運転モードにすれば効率よく部屋の空気を入れ替えられます。

本体の高さや角度も調節できますので、幅広いシーンに対応できるサーキュレーターです。

360°首振りサーキュレーター【商品番号:yy02】

360°首振りサーキュレーター【yy02】

ころんとしたデザインとくすみカラーが可愛らしいサーキュレーターです。360度の首振り機能があるだけでなく、コードレスタイプを選べば置き場所を選ばずに活躍してくれます。

さらに8~10段階もの細かな風量調節機能が付いており、そよ風のような心地よい微風から、一気に洗濯物を乾かしたり空気を入れ替えたりできる強風まで一台で出力することができます。

360°首振りサーキュレーター【商品番号:yy03】

360°首振りサーキュレーター【yy03】

ワンルームなどにお住まいで、軽くて使い勝手のよいサーキュレーターをお探しの方におすすめです。本体の重さは1.75kgしかなく、リモコンでの遠隔操作に対応しているので棚の上などに置いて使うこともできます。

電源を付けた時、前回運転させていた設定のままで起動するメモリー機能が搭載されていますので、起動ごとに設定を切り替える手間もありません。

照明機能付き デスクファン【商品番号:hpf01】

照明機能付き デスクファン【hpf01】

落ち着いたインテリアに馴染む、ニュアンスカラーのサーキュレーターです。しっかり送風できるだけでなく、LEDライトやモバイル充電機能を搭載しているのがポイントです。

また、高性能なリチウムイオン電池を採用しているため、フル充電すれば最大60時間連続使用できるという優れものになっています。コードレスタイプで配線を気にせず持ち運べるため、冷房の冷気を自分に届けたい時や屋外での使用に最適です。

壁掛け式サーキュレーター【商品番号:yy04】

壁掛け式サーキュレーター【yy04】

サーキュレーターは床に置くものというイメージを覆す、壁掛け式サーキュレーターです。省スペースで安全に使えるデザインなので、小さなお子さまやペットがいる方でも安心して使用できます。

360度スイング機能を搭載しており、送風したい場所に送風することが可能です。また、遠隔操作が可能なフルリモコン式を採用しているため、ストレスなく使用できて便利です。

まとめ

この記事では、サーキュレーターという家電の特徴と、冷房や換気の効果を高める置き方などについて解説してきました。

サーキュレーターは一見地味かもしれませんが、使い方によっては大きく生活の質を変えてくれます。冷房代や部屋干しの生乾き臭などにお悩みの方は、サーキュレーターの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました