• インテリア
  • 家電
  • アウトドア
  • ガーデン
  • 生活雑貨
  • キッズ・ベビー用品
  • フィットネス・トレーニング

一人暮らし向け加湿器おすすめ15選!おしゃれで省エネ&手入れ簡単なアイテムをご紹介

一人暮らし向け加湿器おすすめ15選!おしゃれで省エネ&手入れ簡単なアイテムをご紹介 季節・イベントアイテム

室内の加湿におすすめの加湿器は、冬のマストアイテムとして知られています。しかし、一人暮らしの狭い空間にも必要なのか気になるのではないでしょうか。結論から言うと、一人暮らしでも加湿器の必要性は変わりません。

ここでは、加湿器の必要性や一人暮らし向けの加湿器、加湿方式ごとの特徴についてご紹介します。加湿器を購入するか迷っている方、一人暮らし向けの加湿器を探している方は是非チェックしてみてください。

目次

一人暮らしでも加湿器は必要!

生活家電の中でも、加湿器の優先度があまり高くない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、加湿器は健康的な生活を送るために重要な家電です。

ここでは加湿器が生活の中でどのように役立つのかというメリットを解説します。

鼻や喉などを乾燥から守る

鼻や喉などを乾燥から守る

人の体は乾燥に弱く、鼻や喉などの粘膜は湿度が40%以下になると機能性が下がってしまいます。咳や鼻づまり、鼻血といった不快な症状に悩むこともあるので注意が必要です。

また、コンタクトをつけている場合は、乾燥するとズレたり取れたりしてしまいますし、肌や髪にもダメージを受けてしまいます。加湿器を使用して、適度な湿度を保ち、体を守ってあげましょう。

風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐ

風邪やインフルエンザなどの感染症を防ぐ

秋冬になると流行りだす感染症。風邪やインフルエンザなどの感染症は、空気が乾燥していると活発化して感染しやすくなるのです。また、通常ウイルスの侵入を防ぐ機能が働く鼻や喉などは乾燥に弱いので、乾燥に強いウイルスを通してしまいます。

健康を維持するには、ウイルスの活動が抑制される40~60%の湿度を保つことが大切です。

ストレスになりがちな静電気を防止

ストレスになりがちな静電気を防止

夏はほとんど感じないのに、冬になると突然静電気が起こり始める方も居るでしょう。静電気は体にたまり、金属に触れた時に放出されるために起こります。

夏場は空気中に含まれる水分によって放電されているため、体に静電気がたまりにくい状態になっています。しかし、空気中の水分が減る冬は放電されにくいので、金属に触れた時に一気に放電されます。

つまり、加湿をして空気中の水分を増やすことで静電気が起こりにくくなるのです。冬だけでも加湿を心がけ、静電気を防止してストレスなく過ごしましょう。

一人暮らし向け加湿器の種類と特徴

加湿器と一口に言っても、実はその種類は様々です。加湿器はその加湿方法で大きく4種類に分類されますので、それについて解説します。

超音波式

低コストで購入でき、省電力で稼働する人気のタイプが超音波式です。スチーム式(加熱式)やハイブリッド式に比べると簡易的な加湿器ではありますが、水を振動させてミスト状にし拡散するため、周辺の空気はしっかりと加湿されます。コンパクトなサイズのものが多く販売されているので、一人暮らしにはぴったりといえるでしょう。

デメリットとしては、熱を使わない加湿方式なので雑菌が繁殖しやすいことが挙げられます。こまめにお手入れをし、清潔に保つようにしてください。

気化式

気化式とは、水が染み込んだフィルターに風を当てて気化させ、加湿する方法を指します。熱を使わず安全なので犬や猫などのペットを飼っている方にもおすすめです。消費電力が小さく、節電したい方でも長時間使用できるのもポイントです。

一方、加湿器の内部で送風している音が大きいといったデメリットもあります。集中して作業したいときや、睡眠時などに作動音が気になってしまうかもしれません。また、気化式の加湿器は、超音波式と同様に、お手入れが不十分だと菌やカビがあっという間に発生するので注意してください。

スチーム式(加熱式)

スチーム式(加熱式)は、水を加熱してスチームを発生させて加湿するものを指します。スイッチを入れると早い段階で加湿が始まり、作動中の加湿力もパワフルなので、乾燥をとにかく防ぎたい方におすすめです。ただ、水蒸気が出る噴出口の近くは熱く火傷の危険があるので、小さな子どもやペットがいる方には向いていません。

内部で水を加熱することで雑菌が繁殖しにくくなっているのが特に嬉しいポイントです。ただし、パワフルな分、消費電力が大きいので長時間使用していると電気代が高くなってしまう点もあります。

ハイブリッド式

2つの加湿方式を組み合わせる加湿方式をハイブリッド式と呼びます。「スチーム式(加熱式)×超音波式のものと、「スチーム式(加熱式)×気化式」のものがありますので、ハイブリッド式と書かれている場合はそこをチェックしてみてください。

スチーム式×超音波式の場合、水の振動と加熱を同時に行うことでミストをより効率的に発生させることが可能です。一方、スチーム式×気化式は、水を染み込ませたフィルターに温風を当てることで気化させます。

どちらも効率性がアップしているので、素早く加湿したい方におすすめです。しかし、ハイブリッド式は性能が良い分、加湿方式によっては消費電力も上がるので電気代には注意しなければなりません。

一人暮らし向け加湿器の選び方

一人暮らしのお部屋で加湿器を選ぶ時には、いくつか意識した方が良い点があります。ここではその4つのポイントを解説します。

機能が豊富な加湿器を選ぶ

一人暮らしだと部屋の面積が狭いことが多いですよね。パワーが強すぎる加湿器を使用すると、湿度が上がりすぎたり、加湿器まわりがびしょ濡れになったりしてしまうので、間取りに合った加湿量に自動調整してくれるタイプがおすすめです。湿度を測定するセンサーが内蔵されているものは設定した湿度を維持してくれます。

また、安価なものであれば、ボタンで加湿量の調整ができるものを選ぶと良いでしょう。他にも、タイマー機能や自動オフ機能があれば、加湿しすぎを防止するのに便利です。

コスパの良い加湿器を選ぶ

一人暮らし中は節約したいと考えているなら、コスパの良い加湿器を購入するのがおすすめです。しかし、本体価格だけを見て飛びつくのはNGです。加湿器の中には本体価格が安くても、使用中の電気代が高いという場合があります。

加湿器の電気代は加湿方式によって異なります。電気代がかかりにくいのは超音波式で、本体価格が安い傾向にあり、運転中も水を振動させて加湿するシンプルな仕組みなので少ない電力で稼働します。また、高い加湿力と省エネを考慮するなら、省エネモードが搭載されているハイブリッド式もおすすめです。

おしゃれな加湿器を選ぶ

加湿器と一言で言っても、形状やサイズなどの違うものがたくさん販売されています。機能性や使いやすさ、お手入れ方法なども重要なポイントですが、毎日使うものだからこそ、デザインにもこだわりたいところです。

機能性とデザイン性の両方が優れている加湿器も豊富にあるので、自分好みのおしゃれな加湿器を選んでみてください。また、本体の色味で迷った場合は、部屋のインテリアに馴染むカラーにすると加湿器の存在が浮かなくなっておすすめです。

お手入れがしやすい加湿器を選ぶ

加湿器は水を使って加湿するものなので、どうしてもカビや菌が繁殖しやすくなっています。お手入れせずにそのまま使っていると、水蒸気とともにカビや菌も拡散してしまうため、定期的な掃除が必要です。

しかし、毎日使っているとお手入れも面倒になりがちです。お手入れを簡単にするポイントは、できるだけシンプルな構造の加湿器を選ぶことです。パーツの取り外しがしやすかったり、タンクが洗いやすい形をしていたりすれば、ストレスを減らしてお手入れできます。

また、隅々までキレイにしたい方は、分解できるパーツが多いものを選ぶと良いでしょう。

一人暮らしにおすすめの加湿器15選

一人暮らしのお部屋にも加湿器を置いた方がいい理由や選び方を解説してきましたが、実際にどのような加湿器がよく選ばれているのでしょうか。

ここからは、実際に一人暮らしの方におすすめしたい加湿器を、対応しているお部屋の広さごとにご紹介してきます。

6畳の部屋におすすめの加湿器

6畳ほどの小さめのお部屋を加湿するのにおすすめの加湿器をご紹介します。

3.2L 上部給水式 超音波加湿器【商品番号:hlk002】

3.2L 上部給水式 超音波加湿器【hlk002】

こちらは小型ながら3.2Lの容量に対応した超音波加湿器です。超音波式は消費電力が少なく、省エネで使用できるのが大きなメリットです。

加湿量弱であれば38dbときわめて静かな音で運転する設計になっており、就寝時や仕事中も邪魔にならずに運転させられます。ミスト吹出口とタンクは丸洗い可能で、専用のブラシを使えば更に簡単にお手入れできます。

3L ヒーター除菌 スチーム式加湿器【商品番号:lck02】

3L ヒーター除菌 スチーム式加湿器【lck02】

触り心地のいいマットな質感が特徴的なスチーム式加湿器です。スチーム式は水を加熱して蒸気にすることで放出しますので、加湿によってお部屋の温度を下げる心配がありません。

また、衛生面にも非常に優れているのがメリットです。また、水や本体の温度が上昇しすぎないような安全装置が付いているため、長時間稼働させた状態でも安全に使うことができます。

1.5L 上部給水式 超音波加湿器【商品番号:kr02】

1.5L 上部給水式 超音波加湿器【kr02】

スタイリッシュな円筒形の超音波加湿器です。カラーバリエーションは4色で、インテリアのテイストに合わせて選べます。湿度をちょうどよい値に保つスマートスリープモードが搭載されており、寝ている間でもお部屋の環境を快適にしてくれます。

ミストはとても細かいため自然蒸発しやすく、机の上に置いていても周辺が水で濡れにくくなっています。

8畳の部屋におすすめの加湿器

8畳の部屋を加湿できる加湿力を持った加湿器を紹介していきます。

3L 超音波加湿器【商品番号:htjs-002j】

3L 超音波加湿器【htjs-002j】

少し広めの8畳におすすめなのがこちらの加湿器です。最大8畳まで対応できるパワーがありますが、加湿量は湿度や好みに合わせて3段階で調整可能です。操作はタッチセンサーを使用するので、すっきりとしたデザインになっています。

コンパクトサイズなのにタンク容量は3Lもあり、何度も給水しなくても問題ありません。また、アロマ機能やLEDライトがついているので、夜間のリラックスタイムにも大活躍間違いなしです。

2L 上部給水式 電解水生成機能付き 超音波加湿器【商品番号:kr003j】

2L 上部給水式 電解水生成機能付き 超音波加湿器【kr003j】

約2Lの水で最大20時間の運転が可能な加湿器です。こちらの加湿器には電解水を生成する機能が搭載されており、清潔なミストでお部屋を加湿することができます。

タンクは上部給水に対応しているため、重たいタンクを持ち運ぶ必要がありません。また、腐食や劣化に強いPI膜超音波振動子を搭載しているため、長期間の使用も可能です。

4.5L UV除菌 ハイブリッド式 上部給水型 加湿器【商品番号:htjs-014】

4.5L UV除菌 ハイブリッド式 上部給水型 加湿器【htjs-014】

加熱式と超音波式を組み合わせたハイブリッド式の加湿器です。ヒーター機能で水を温めて放出することができますが、加熱時もミストが高温にならないため安全に使用することができるのが特徴です。

また、湿度を設定したものから約±2%に保つ自動加湿機能が搭載されているため、細かな調整をすることなく快適な湿度で過ごすことができます。

4L 2WAY 上部給水式 超音波加湿器 高さ調整可能【商品番号:hlk003】

4L 2WAY 上部給水式 超音波加湿器 高さ調整可能【hlk003】

こちらはシンプルなデザインながら加湿力はとてもパワフルな加湿器です。付属のパーツを取り付ければ、ハイタイプにもなるため、8畳の部屋を十分に加湿してくれます。就寝時はパーツを取り外してロータイプにし、枕元に置くのもおすすめです。

給水タンクは4Lと大容量ですが、蓋を開けて上から水を注ぐだけなので、重いタンクを持ち運ぶ必要はありません。機能面でも2~8時間の自動オフタイマーを設定できる優れものです。

5L 上部給水式 超音波加湿器【商品番号:kr001j】

5L 上部給水式 超音波加湿器【kr001j】

5Lの大容量で、最大50時間も連続運転できる加湿器です。水量がどれくらい残っているかが一目で見える水位ライトが付いており、補充のタイミングが分かりやすくなっています。

加湿量はLED表示されており、こちらもすぐに簡単に確認可能です。また、電源を切った後に約1分間送風を行うことで、水滴によるカビや雑菌の繁殖を予防してくれるアフターラン機能も搭載されています。

10畳の部屋におすすめの加湿器

10畳の広さのお部屋を加湿したい場合は、以下のような加湿器を選ぶといいでしょう。

4.5L 超音波加湿器 上部給水式【商品番号:cz001】

4.5L 超音波加湿器 上部給水式【cz001】

キッチンもリビングも1つの加湿器で加湿させたい方におすすめなのが、こちらの超音波加湿器です。本体の優しいカラーやタッチセンサーでの操作も魅力的で、蓋が木目調になっているデザインも生活感を気にする方には嬉しいポイントです。

ナチュラル系インテリアにも馴染む、温かさのあるデザインであるにもかかわらず、加湿機能はパワフルです。給水タンクにも4.5Lと多くの水が入り、加湿力は無段階調整できるほか、より急速に加湿したい時にぴったりのJETモードを搭載しています。

4.4L ハイブリッド加湿器 ステンレス振動子モデル【商品番号:htjs07】

4.4L ハイブリッド加湿器 ステンレス振動子モデル【htjs07】

一目で室温と湿度がわかる加湿器をお探しならこちらがおすすめです。大きなLEDデジタルパネルは、スマートな操作性を実現してくれます。また、フルリモコン式なので、本体から離れたところでも操作可能です。

湿度設定を行えば、自動で湿度をキープしてくれるため、加湿力をこまめに調整しなくても問題ありません。加湿器の背面はスケルトンになっているので、水の残量も一目でチェック可能です。性能も使いやすさも兼ね備えた加湿器といえるでしょう。

6.5L 上部給水式 超音波加湿器 ステンレス振動子モデル【商品番号:htjs011-j】

6.5L 上部給水式 超音波加湿器 ステンレス振動子モデル【htjs011-j】

インテリアとしてもおすすめなタワー型の超音波加湿器です。高い位置からミストを放出できるため、空間全体をバランス良く、効率的に加湿することができます。

横幅は約18cmとスリムなサイズ感になっており、お部屋のどこにでも置きやすく収納も簡単な加湿器です。消費電力も少なく、節電したい方にもおすすめの商品になっています。

15畳の部屋におすすめの加湿器

広いリビングや扉を開けて行き来できる状態にしている2つの部屋など、面積の広い部屋に置きたい加湿器をご紹介します。

3L UV除菌機能 ハイブリッド加湿器 上部給水式【商品番号:hlk005】

3L UV除菌機能 ハイブリッド加湿器 上部給水式【hlk005】

スタイリッシュなデザインが魅力的なこちらの加湿器は、14~15畳程度の広さにも対応しています。本体下部にLEDデジタルパネルを搭載しており、誰でも簡単に操作できます。超音波式と気化式のハイブリッドタイプなので、消費電力が少なめなのも嬉しいポイントです。

更に、水切れ自動停止機能や自動加湿停止機能がついているので、無駄な電力を消費しません。最大の魅力はタンク内の水をUV除菌してくれる機能が搭載されている点で、雑菌の繁殖が気になる方も安心して使えます。

5L 上部給水式 UV除菌機能付き ハイブリッド加湿器【商品番号:hlk004】

5L 上部給水式 UV除菌機能付き ハイブリッド加湿器【hlk004】

曲線的なデザインで生活感を感じさせない加湿器です。UVライトでの除菌機能が付いており、タンク内の水に雑菌が発生するのを対策してくれます。

運転時間を最大10時間まで設定できるタイマーが搭載されており、就寝時だけ加湿するといった使い方も可能です。リモコンでの遠隔操作にも対応しているためソファやベッドからでも自由に運転を切り替えられます。

6L 上部給水式 ハイブリッド加湿器【商品番号:lck01】

6L 上部給水式 ハイブリッド加湿器【lck01】

大容量で長時間運転が可能なハイブリッド加湿器です。ミストの吹出口やタンク、アロマボックスは取り外して丸洗い可能で、お手入れが簡単です。

また、タンクの下部には排水溝が付いているため、タンクの中に残った水を綺麗に出し切ることができて衛生的です。カラー展開も可愛らしく、おしゃれな加湿器が欲しい方にもおすすめです。

6.5L ダブル除菌 ハイブリッド式 UVライト+ヒーター除菌機能付き【商品番号:jxh003j】

6.5L ダブル除菌 ハイブリッド式 UVライト+ヒーター除菌機能付き【jxh003j】

最大17畳に対応したハイブリッド式の加湿器です。ヒーターとUVライトの2つの除菌方法を組み合わせることで、清潔なミストで空間を加湿してくれます。

温かいミストは加湿の効率も良い上に蒸発しやすく、床が濡れることを気にせず置きやすい加湿器になっています。加熱量と加湿量を切り替えることで細かく加湿機能を調節することも可能です。

まとめ

空気の乾燥は想像以上に体に負担がかかるものです。体調を崩しやすい時期を健康的に過ごすためにも、お部屋に加湿器を置いた方が良いでしょう。

加湿器を選ぶ時には、加湿方法や対応する広さ等の意識した方が良いポイントがいくつかあります。この記事を参考に、より生活に合った加湿器を選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました